相互オナニー

 39歳、既婚の会社員です。
先日出会い系で、神待ちをしている女子大生と知り合いました。
年齢は18歳。
一日か二日だけ、助けて欲しいとお願いしてきました。
とりあえず待ち合わせだけを決め、ブサイクだったらそのまま帰ってしまおうと思いました。

 待ち合わせ場所で見た女子大生の利美は、地味系なマスクではあるけれど、ブスっていう範囲ではありませんでした。
よく見れば、それなりに愛嬌もある。
スレンダーな肉体なのに、オッパイの膨らみは大きい。
美味しそうな肉体に、正直そそられてしまったのです。
「一泊だけ、何とかなりませんか?」
必死に、お願いをしてきます。
「お礼は、理解している?」
「ごめんなさい、エッチは・・・無理・・・」
正直、瞬間白けてしまう自分の心。
「それじゃ、別のやつをあたってみて」
「でも、どうしても助けて欲しくて・・・」
「それじゃ、せめて相互オナニーぐらいはしてみないか?」
「オナニーだけですか?」
「そうだよ、見せ合う相互オナニー」
「・・・はい・・」
相互オナニー
まずは食事をさせるため、牛丼屋さんへ。
そして、キャンピングカータイプのワンボックスカーに乗せて、車中泊をすることにしました。
妻には、会社の付き合いだと嘘を付き、神待ちの利美のオナニーを楽しむことにしました。

 食事を食べさせたのが良かっのか、かなりリラックスした様子を見せてくれました。
日帰り温泉で風呂にもいれてやりました。
その温泉の駐車場は、利用さえすれば車中泊も可能になっているため、そこで一泊することに。
利美は、すっかりと覚悟ができているのか、かなり落ち着いていたので「それじゃ、相互オナニーをやってみよう」と、持ちかけると頷いてくれました。
下半身裸にさせて、エッチなオマンコを確認。
利き腕で触らせて行く。
彼女の表情が、次第にエロモードに突入していく。
それを見ながら、ムスコを弄りまくって行く。
若い女の子のオナニー姿に、元気イッパイに立ち上がるジュニア。
彼女もそれを見てうっとりした表情になっていました。
お互い果てしなく続くのではないかという、この快楽を味わい続けられたのです。
最後は彼女の口の中に射精しました。
センズリ鑑賞
相互垢

不倫の出会い

妹の旦那と酒を飲む機会があって、その時に「不倫しているんですよ」と愚痴をこぼされた。誠実な彼には悪いのだが、ああそうだろうなと思った。
妹は学生時代から男癖が悪いのだ。カレシを紹介されたのは1度や2度ではなく、いずれも1か月持たずに別れたりしている。極度の男性依存症であり且つ飽きっぽいと言う厄介な女なのだ。だから、妹が結婚する!と彼を連れてきた時は驚いたものだ。同時に先行き不安な未来しか見えなかった。だから「やっぱりか」としか思えなかった。
彼によると、共用している自宅のパソコンの閲覧履歴に不倫の出会いサイトがあったそうで、問い詰めると「他の男と遊んで何が悪い?あんたも他の女と遊べばいいじゃない」と開き直られたそうだ。確かに、妹は昔から都合が悪いことがあると急に切れ出すのでなだめるように言葉を選ばないと会話が成立しないことが多々あった。
不倫 出会い
しかしまあ、不倫の出会いとは尋常ではない。ないものねだりをする妹だ。隣の芝生は青く見えるのだろう。独身の男性よりも妻子ある男性の方が魅力に映るに違いない。どちらにせよ、褒められたことではない。
ただ、僕は「放っておけ」と言うしかなかった。今は何を言っても神経を逆なでするだ。妹に離婚する意志がないのならば不倫の出会いも単なる遊びであり、飽きっぽい妹のことだ、その内に彼の元へ戻ってくるだろう。僕のアドバイスに彼は項垂れながら頷いた。かわいそうではあるが、僕の妹と言う女性の本質を見極められずに結婚した彼にとっては自業自得とも言える成り行きである。
彼が帰ったことを確認したかのように、やってきたのは妹だった。「どうだった?」と聞いてくる妹に、僕は、飽きっぽい彼のことだ、その内にお前の元へ戻ってくるだろう、と答えた。
僕は彼と同時に、妹からも「彼が不倫しているみたい」と相談を受けたのだ。そこでかわいい妹のために彼から真意を聞き出すために飲みに誘ったのだ。その結果がこうである。案外と似たもの夫婦で長続きするかもしれない。
セックスしたい
オフパコしたい